hho

水素酸素吸入器(HHO)

水素酸素吸入器(HHO)

長年の研究から生まれた技術の結晶 水素酸素吸入器

 

オゾンが出ない。純水からつくる。
水素と酸素の混合ガスだから安心して使える!
他にはない水素67%、酸素33%の高濃度水素酸素ガスを大量に発生させることが出来る装置です!

 

  • 第二種医療機器製造販売業許可申請中
  • 特許出願中
  • 治験データあり

 

my mother デラックス&プレミアムデラックス

  • m.m.デラックス  3000cc
  • m.m.プレミアムデラックス  5000cc

m.m.Mサイズ、m.m.Lサイズよりも水素酸素ガス発生量(毎分)が多いタイプができました。
新型の高濃度水素酸素吸入器 my motherは、連続運転可能で、発生量も世界トップクラスです。
水素酸素吸入器の要は電極とセルの構造です。

大容量タイプ、コンパクトなタイプにする場合で、最適なセルが異なります。
水素酸素ガスを発生させる電極のセル方式は、ウェットセルとドライセルの2種類があります。

電極には白金メッキチタン電極を使用しています。

ウェットセル
ウェットセル
ドライセル
ドライセル
白金メッキチタン電極
白金メッキチタン電極

 

  • ドライセル
    電極の外側に水が漏れないようにしたタイプです。電極の隙間に水を流して循環させ、水を少なくでき、水を冷やせるため連続運転が可能になります。大容量タイプの仕様に適しています。
  • ウェットセル
    電極を水槽の中へ入れるタイプです。構造がシンプルで小型で持ち運びタイプの仕様に適しています。
  • 白金メッキチタン電極
    白金メッキチタン電極は、高い電気化学的触媒性能を有し、かつ耐久性に優れています。その中でも、日本製の最高グレードの電極を使用しています。

 

my mother スペック

タイプ M L
製品番号 m.m.M m.m.L
電流(A)/電圧(V) 5A/24V 8A/24V
水素酸素ガス発生量(毎分) 500~600cc 800~1000cc
同時使用人数 1~2人 1~4人
タンク容量
形状(WxDXxH) 360x170x260 410x185x290
乾燥重量 9.0KG 11kg
連続運転 24時間 24時間
セル方式 ドライセル ドライセル
電解槽内温度 60度 60度
使用環境温度 0~40度 0~40度
電源 100V~240V 100V~240V
保証期間 1年 1年

水素酸素吸入器(HHO)水素酸素吸入器(HHO)水素酸素吸入器(HHO)水素酸素吸入器(HHO)

mmy mother ガス分析結果

水素酸素吸入器(HHO)

my mother Mサイズ紹介

my mother そのほかの特徴

    • 安全・安心な電気分解
      機械を長く使用できることはもちろん、健康面・衛生面に配慮して、電気分解に使用する電解液には安全性の高いものを厳選し、最先端の科学技術の交流しエネルギーを用いています。
    • ガス分析結果
      食品分析センターで水素酸素ガスの成分分析を行い水素67%、酸素33%という分析結果を得ております。水素濃度は670,000ppmです。
    • 光量子エネルギー
      機械の内部に超微弱振動エネルギーの発生体を設置し、電解液の水クラスターを分解し、より効率的に電気分解され、高品質な水素酸素ガスを吸入できるようにしています。常に水が活性化するので、衛生的な状態を維持し、かつトリハロメタン、ダイオキシン等有害物質の分子鎖切断・分解で無害化、消臭を行います。
    • 超純水グレードの水を使用
      電気分解する水に、塩素や、金属イオン(カルシウム、マグネシウム等)が含まれていると、電極に付着したり腐食して、電極を痛めて電気分解の効率を下げるため、より不純物が少ない超純水グレードの水を使っています。
    • 食品添加物の重曹
      水の電気分解に、食品添加物のグレードの重曹を使用しています。昔から、ふくらし粉やこんにゃく凝固剤として使用され、安心してご使用いただけます。

下記よりお問い合わせください。お問い合わせ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

貴社名
お名前
ご住所
電話番号
email
お問い合せ内容
お問い合わせ本文

個人情報の取り扱いについて

株式会社オムコ東日本(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理 当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施